カリキュラム

とろける口どけ極上きわみプリン

依布サラサは、井上陽水と石川セリの娘。血筋が良いのでしょうか歌が上手いですね。彼女のデビュー・シングル「カリキュラム」は、みずみずしいヴォーカルとネオアコ・テイストのサウンドがマッチして、ほんわかした愛らしい世界を構築しています。作詞を自らが手がけたそうですが、なかなか良いセンスをしています。
「カリキュラム」は、フジテレビ系アニメ『もやしもん』オープニング・テーマで10月よりオンエアー中です。

依布サラサの魅力

依布サラサの魅力は何といっても作詞ですね。すでに陽水氏やSalyuなどに詞を提供しており、経験は豊富です。そして、言葉選びのセンスは23歳の女の子とは思えないほど卓越しています。また、詞のストックも膨大にあり、今後も次々とヒットを飛ばすものと思われます。
さらに、声もいいです。そして、微妙な甘さとともに、唄い方の歯切れが良いのも魅力です。将来が楽しみですね。

親の七光りではない

依布サラサは、「自分が書いた歌詞が本当にいいのか、“井上陽水の娘”というレッテルを外した状態で自分の実力を試したい」という想いから、今年3月に行われたソニー・ミュージックの新人オーディションに匿名で応募した所、作品が関係者の目に留まり、シンガーとしてのデビューに至ったという経緯があります。

スポンサードリンク


【送料380円】66%OFF!Jダイエット-12日ティー24包約3.5g×24包★全品ポイント10倍!(P10倍)...

もやしもん

「もやしもん」は現在、講談社・男性コミック「イブニング」にて連載中の、“農大”を舞台にした異色学園マンガです。菌が肉眼で見える主人公、その親友である日こつ然と姿を消す謎だらけな酒蔵の息子、学校の敷地内で発酵食品を作る名物老教授、酒を密造する先輩、常にボンデージファッションに身を包んだ女子院生など、個性的なキャラクターたちが、奇妙で笑えるドラマを展開しています。